引越し費用を抑えたい。どうやったら安くしてくれる引越し業者を探せる?

引越しも慣れてくると・・・

引越しも慣れてくると・・・

仕事の関係でまた引越しすることになりました!
IT系で働いているんですが、半年未満の期間で引越しになってしまうことも・・・。
常に家電のあるアパートに住んでいるのですが、今住んでいるアパートに2年住んでいた事もあり、今回は関西から関東に引越しなので簡単にはいかなさそう・・・。しかし、そこは単身引越しベテランの私です(笑)準備に抜かりはありません!
画像の説明
 まずはスケジュールの確認。現場の作業開始は次の週の月曜日からです。後一週間しかありません。引っ越してから、現地で丸一日くらいは休みたいので荷物の発送と現地への移動を土曜日、荷物受け取りを日曜日として計画をたてました。金曜日まで仕事なので、かなりタイトなスケジュールでした(笑)
 次に引越し業者に電話。単身引越しサービスという便利なものがあるのですが、発送と受け取りの間にプラス一日かかってしまうという事で、諦めました。普通の宅急便で発送することにします。ただし、布団だけは家財宅急便で運ぶ事にしました。
 移動の段取りが確定したところで、ようやく荷物を梱包し始めます。この時点ですでに、水曜日だったりします。しかも、金曜日はこの忙しいときに、私の送別会(笑)多分金曜日は徹夜だろうなと思いながら荷物を梱包し始めます。
 実はこんなこともあろうかと、引越し用のダンボールは部屋の片隅に常備していました。一人暮らしではダンボールと梱包材のエアーキャップ(プチプチ)は必需品です。ただ、プチプチがないときは新聞紙やチラシをくしゃくしゃにして使ったり、最悪タオルやバスタオルを使う事もあります。お皿をタオルで包むと壊れにくくなりますしね。ダンボールも引っ越してきた時のものをそのまま置いておき、今回使います。パソコンラックは持っていけないので分解して捨てました。これを機会にいらないものも次々と捨てました。家電を持っていない場合で一番重くなる物は本とパソコンですね。仕事で使うのでパソコンのダンボールには割れ物シールとか貼ってもらいましょうか・・・。
 金曜日の送別会からは徹夜で作業です。荷物の発送は朝の8時なので、この時間だけは絶対に間に合わせないといけません。そして、何とか午前4時頃に終わり、少しだけ仮眠をとって、無事発送しました。代金は1万8千円くらいになりました。
 その後、新しい部屋で荷物の受け取りも無事終了。梱包は全部解ききっていませんが、その前に新しい住処の周辺を散策してこようかな。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional